投資顧問を見極めましょう!

投資顧問の助言はどの程度参考になる?

助言する投資家株マイスターを含む投資顧問会社の助言は有益な情報を提供しています。
これは投資業界のプロが仕入れる情報であるため参考になるものです。
分析して、参考になる助言として顧客に提供します。
解釈や解析にはプロの知識が役に立ちますので、出来上がるアドバイスには確実性が高いものが多いです。

このように株マイスターなどの投資顧問会社が提供するアドバイスは、専門性の高い知識を組み合わせた結果として出来上がったものです。
そのため、市場の状況をしっかりと捉えたアドバイスになります。
一般の人が辿り着くことができない結論になっていることもありますが、それは業界に詳しいプロが解析した結果なのです。

有益な情報を提供する投資顧問のアドバイスですが、利益を確実に保証するものではありません。
未来を見ることができないのと同じで、確実な結果というものはないのです。
助言を聞いて、そのアドバイスをどうするかは本人次第です。何もしないというのも一つの選択肢になります。

ただし、確実ではないとしても、確率的には高い確率で的中することは大いにあり得ます。
的中していないのであれば、投資顧問会社として生き残っていないからです。実績などを加味して考えると、どの程度信用できるかは分かります。
間違い続ける会社を信用し続けることは難しいでしょう。信用できる情報を提供する限りにおいて、会社は存続できます。

投資顧問を利用するとしても最終的には自己責任

投資をするかどうかは最終的には自己責任です。投資しないということもできるからです。
アドバイスが間違っていたとしても、誰かの責任を問うことはできません。
投資を自分で決断を下して、自分で実行したからです。その過程で有益な助言を受けたというだけです。
自己責任において投資をしないと、いつでも誰かのせいにしてしまいます。

そうならないように自分で学んで、アドバイスが正しいのか間違っているのかを判断できるようになる必要があります。
これができると、アドバイスを受けてもそのまま投資をしないということができるようになるのです。
判断を自分でできるようになると、投資を学ぶスピードが上がってきます。

間違わない判断をするために必要な知識を学び、自分で保証できる投資だけをするようになります。
誰かの保証を必要としなくなるでしょう。
それくらいになると、投資顧問が提供するアドバイスがどれほど役に立つか分かります。アドバイスの利用の仕方が変わってくるからです。
クロスチェックをしたり、情報源を複数持つことで確実性を高める方法も学ぶようになります。